プリウス 燃費



プリウス(PHV含めて)を安く買う方法を元トヨタディーラーセールスが解説
プリウス 値引き


プリウス 燃費
プリウスの燃費ですが、現在のZVW30の型式のプリウスの場合、オーナーの実燃費の平均値は「21km/L」ほどになるようです。

カタログ燃費は、車両重量等の関係で一番燃費の良いモデルで「32.6km/」です。

ハイブリッド車であっても、運転手次第で実際の燃費には大きく差が出てしまうようです。特にどんなシチュエーションでよく運転をするかの影響は大きいと思われます。

一般的にハイブリッド車の燃費がガソリン車と比べて伸びるのは、発進時のモーターのアシストと停車時のブレーキでのエネルギー回生を十分に活かせる、ストップ&ゴーが多い街乗りの状況です。

高速道路の走行が多い場合は、元々ガソリン車でも燃費が良くなると思いますが、ハイブリッド車で燃費が大幅に向上するというわけにはいかなくなります。

プリウス 燃費 実際
プリウスの実際の燃費ですが、様々な雜誌やネットの試乗レポートを読んでまとめた平均値が・・・・

28km/L」ほどです。

ただ、走行内容が違うせいか、情報源によってかなりバラつきがあるのも事実です。

よくある燃費テストでは、アクアや旧型のプリウスと実際に市街地や高速道路を走行しての実燃費を計測しているのですが、新型プリウスはどのテストでも実際の燃費で1位になっていました。

でも、旧型プリウス、アクアとの実際の燃費の違いの平均は「2km/L」ぐらいです。

新型プリウスの「E」の「40.8km/L」というカタログ燃費のインパクトはありますが、燃費で選ぶならまだまだ旧型プリウスもアクアも負けていないという印象です。


プリウス 燃費 アメリカ
プリウスの燃費、アメリカで採用されている実燃費に近い数値がでるEPA燃費では、

「約22.9km/L」

になるようです。

日本の国土交通省が採用してカタログ燃費としても掲載される、JC08モードの燃費では標準のグレード「S」などが「37.2km/L」となります。


三菱の燃費の計測での不正の問題で、カタログに記載されるJC08モードでの燃費の存在意義もクローズアップされていますよね。

前回の記事で、カタログ記載の燃費も「実燃費は表していないが車ごとの性能の比較には役に立つ」と書いたのですが、確かにカタログ燃費の6割が実際の燃費というのは、消費者軽視だと言われても仕方ないと思います。


燃費に関しては、新型車が出れば一番注目されるところなので、より実燃費に近い数値をきちんと公表するというように、今後変わっていくのかもしれません。

国の基準として、一斉にアメリカと同じ基準でのテスト採用するようになれば、どこのメーカーも平等にカタログ燃費が変わるので、誰も困らないはずですが・・・・